小さい胸を大きくするバストアップ術

小さい胸を大きくするバストアップ術

胸が大きくならない原因とは?

胸が小さいと悩む女性はなぜそれが大きくならないのか、その原因についてわかっていない方も多いようです。

 

 しかし、胸の小さい人には必ず原因があります。それは女性ホルモンが足りないとかバストアップするような食べ物を食べていないなどの話を聞きますが、そうではありません。科学的な根拠がしっかりとあるので、胸が小さいと悩む女性でもしっかりと対策をたてすれば、大人になってからでもある程度の大きさまでは成長させることができるのです。
痩せ型の方が胸の小さい方だと思われます。痩せているから小さいのではなく、きちんと食べていないことが原因だと思われます。過度や無理なダイエットすることにより体に支障を及ぼした結果、本来なら肉付きがよくなる年齢でも、そういった成長がきちんとできていなかったということが考えられます。
また生理不順など、女性としての本来持っている機能が不十分な場合も、その理由として挙げられます。つまりこれらを改善していけば一般の女性並みになることが可能です。つまり食生活をきちんとして、十分な睡眠をとるために、一般の女性と同じような生活スタイルに戻してみることが大切です。
 大抵の方がどこかしらで無理をしていたり、ストレスがかかるような生活をしていませんか。運動選手は相対的に胸が小さいのはストレスがかかっていたり、負担を体にかけている点で、女性としての本来の機能が発揮できていないからであって、その運動やめた途端、女性らしいふくよかな体になるということもよくありますよね。それと同じ原理だと考えて良いでしょう。

 

胸が無いと悩む女性に多い悩み

バストの小さい女性を貧乳と言われています。
少女を女子と言いますが、近年では「女子力」「女子会」「女子アスリート」など女性を女子というように形容するようにもなりました。
婚活ブームや合コンなどで男女が触れあう場所では、男性は女子を意識し、女性は男性を意識するでしょう。
異性の意識を集めることとして、綺麗であること、お洒落であることが必要となり、綺麗な着こなしも大事な要素となるでしょう。
女性のファッション性を高める理由にきれいなラインのバストは必須で、胸が小さな女性は貧弱であり、胸の小さい女性を、そのような場で男性は、貧乳女子と言うようです。
貧乳女子は、洋服のバストのラインがきれいに出ずに着こなしも貧弱となります。
また、男性の集まる場所で注目となるのは、スタイルの良い女性で、下半身は細くバストの大きな女性が綺麗と感じる男性が多いのでしょう。
胸が無いと悩む女性がそれを改善する方法があります。
貧乳女子に多い悩みとして、胸に肉が付きにくく、おなかやお尻にはすぐに肉が付いてしまうなどのことが多いでしょう。
肉をバストのみに付けることは難しいですが、筋肉を鍛えることで盛り上げることが可能です。
また、マッサージを行い、食事による栄養がバストに集中しやすく、さらに血液の流れをよくすることです。
これにより小さな胸も大きくすることが可能で、洋服が似合う女性へと変化するでしょう。

 

>>胸が大きくなる方法

 

バストアップしない原因はホルモンバランスの乱れ?

胸の小さい女性のバストアップしない原因としてあげられるホルモンバランスの乱れについて解説します。 胸の小さい女性のバストアップしない原因としてあげられるホルモンバランスの乱れがあります。女性の体はホルモンバランスによって大きく左右されてしまいます。胸は脂肪でできています。バストアップしたくても、脂肪がなくては大きくはなりません。

 

人間は摂取カロリーが足りなければ体の貯蓄部分を消費してエネルギーとしています。胸にも脂肪は多く蓄えられており、それらの脂肪が燃焼されてしまうとバストも小さくなってしまいます。そのため、痩せすぎないことが大切です。無理なダイエットなどをしてしまうと、ホルモンバランス自体も乱れてしまい、胸の乳腺を刺激しないため、乳腺自体が衰退していってしまいます。女性ホルモンは、ストレスとも大きく関わっているといわれています。ストレスが多くなると、女性ホルモンの分泌が悪くなってしまい、結果的に胸を小さくしてしまいます。そのため、ストレスに強い体にしていかなくてはなりません。ストレスに対抗するためには、普段からの生活習慣を整えておくことが大切です。食生活においても偏った食生活を改善することで、バランスよい栄養素を補うことができれば女性ホルモンを増やすことにつながります。良い体のサイクル作りを心がけて綺麗なバストを手に入れたいものです。


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ